このエントリーをはてなブックマークに追加

職業ガイドマスコミ・芸能系職業か行の職業>劇団員

劇団員

なるには難易度 劇団の規模や人気によって異なる。
大きな劇団では倍率数十倍、小さな劇団ならやる気さえあれば電話1本で採用されるところも。
年齢制限 特に制限はないが、年齢は若い方が良いとされる。
学歴 特には必要ない。
収入状況 日本で劇団として経営的に成功している団体は「宝塚歌劇団」と「劇団四季」の2つのみ。
この2つの劇団以外で演劇一本で食べていくことは厳しいといわれている。
ほとんどの劇団員が、アルバイトをしながら演劇活動をしている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

職業データ

劇団員とは

劇団とは舞台演劇を行う団体。劇団員とはその団員、俳優、構成員。
劇団のジャンルは数多くあり、ミュージカル、お笑い系から人形劇までと幅広い。
日本には2万を超える数の劇団があると言われていますが、劇団の60%以上は東京に存在しています。
メディア環境の整っている東京に進出することが、演劇でご飯を食べていく必須条件になりつつあります。

劇団員の職業体験談

劇団員の仕事内容

仕事内容について

劇団員の仕事は、舞台上でストーリーに応じた演技を行うことです。
舞台での演技が代表的な仕事ですが、そこに至るまでの稽古にかなりの時間を費やします。
厳しい劇団では稽古中に、演出家の怒号が飛び交うことも日常茶飯事の厳しさだとか。

また、小さな劇団では稽古の合間に、小道具や大道具を作ったりと、舞台以外の仕事を担当することもあります。
勤務時間や休日は公演や稽古の都合次第。

劇団員のなり方・仕事のつき方

劇団のオーディションを受ける
矢印
合格
矢印
劇団員

劇団員になるには

劇団員とは劇団に所属している人のことを言い、劇団に入るには、その劇団が開催するオーディションに合格すれば入団することができます。
募集要項は劇団HPや公演のお知らせのフライヤー(チラシ)に掲載されている事が多い。
小さな劇団では友達のツテや、オーディション無しで簡単に入団できる劇団もたくさんあります。

オーディションでは、その劇団が必要としている能力を持っているか?を見る内容が多く、ミュージカルの劇団四季なら歌唱力、お笑い劇団ならキャラクターやセンスなどを見るようです。

当然、人気のある劇団の入団難易度は高く、劇団四季や宝塚歌劇団、無名塾などはかなりの難関です。
◇宝塚歌劇団 競争倍率20倍程度。
◇劇団四季 応募者約1300人中、30人程度の採用(2009年)。

人気劇団に入団を希望するならば、日々努力し、能力を高めておく必要があります。
ただ、劇団員・俳優はお客さんに見てもらう、選ばれる職業です。
成功にはルックスやセンスなど、努力だけではどうしようもない側面もあります。

やりがいがあるだけにあきらめきれない劇団員

劇団員は舞台上の演技で、お客さんを魅了するやりがいのある職業です。
そのやりがいがあだとなり、劇団員として活動を続けるものの、1人前の役者として生活できるほどの成功には至らず、かといってあきらめきれず、ズルズルと年を重ねてしまうケースも少なくないといいます。

気がついたときには、30代中頃で職歴なしの状態になってしまい、就職しようにも何をするにも厳しい状況に陥ることも。

【関連リンク】 劇団四季 無名塾

劇団員の年収・収入・給料は?

収入について

劇団員の収入状況は厳しい。
劇団四季や宝塚歌劇団などの経営状況の良い大きな人気劇団以外は、劇団員としての収入だけでは生活できないようです。

中小規模の劇団は使用する劇場の規模も小さいうえに、公演回数も少なく、チケット単価も安いため、十分な収益を得ることはできません。
赤字になるケースも珍しくなく、演劇での収入は期待できないことがほとんど。

その為、収入を得るために、劇団員として活躍しているほとんどの人が、アルバイトをしたり、別の仕事をしています。
劇団での活躍が認められ、テレビや映画に出演させてもらえるようになると、それなりの収入になりますが、全国には多くの役者希望者がいて、なかなか簡単なものでは無いようです。

日本のトップ 劇団四季の場合

劇団四季の場合、研究生1年目は無給、3年目で月額22万円程度、準主役レベルで年収約500万円、主役級で年収1100万以上(2010年)。
ただ、日本には上記のような十分な給与を支給できる劇団は、劇団四季以外にはほとんどありません。

職業体験談

職業ガイドでは皆さんの「職業体験談」コンテンツの投稿を募集しています。
就職活動に悩む学生や将来の就転職に悩む人達、夢を探している最中の子供達に対し、たくさんの職業を紹介することによって、人生にはいろいろな選択肢があることを知って貰い、当サイトの情報がより良い進路選択の手助けになれれば、との思いから運営を行っています。

たくさんの方々のご協力によって、このサイトは製作されています。
みなさまのご協力に感謝いたします。

-更新13-01-01 -チェック16-08-01