このエントリーをはてなブックマークに追加

職業ガイド変わった職業は行の資格>ホステス

ホステス

なるには難易度 ホステスの募集自体はWebや情報紙などで豊富に募集されているため、なるだけなら容易。
容姿端麗でありトークの技術が高い女性が好まれる。
年齢制限 年齢制限は特にないが、20代~30代が好まれる。
学歴 特に制限はない。
収入状況 店の立地やランク、ホステスの集客能力、店との契約状況によって収入は変わる。
高級店なら時給5000円程度、一般の店なら時給2000円程度。
このエントリーをはてなブックマークに追加

職業データ

ホステスとは

ホステスとは主に夜に営業している飲食店でお客をもてなす女性のことを言います。
夜のお店にもいろいろあって、クラブと呼ばれる高級店から、スナックと呼ばれる庶民的なお店などさまざまなものがあります。

類義語にキャバクラ嬢と呼ばれるキャバクラで働く女性を指す名称もあります。
実際にはホステスの厳密な定義はなく、夜の飲み屋でお客をもてなす女性に対し使用する場合が多いようです。

営業時間はお店により様々ですが、サラリーマンが仕事を終える時間から12時くらいが一般的。

ホステスの職業体験談

ホステスの仕事内容

仕事内容について

ホステスの仕事は、お店を訪れる男性客が楽しくお酒を飲めるようにもてなす事です。
お客を飽きさせない軽快な話術と接客が必要とされ、ただ話を聞いていれば、ただお酒を飲んでいれば良いだけの仕事ではありません。

お客さんには、おじさんや高齢者、会社の重役クラスなども多く、上級のホステスは経済や政治など難しい話にもあわせられるように日経新聞の購読は必須とか。
ホステスとして成功するためには、豊かな教養も必要になります。

ノルマについて

基本的に月に~回は同伴出勤(お客と一緒にお店に出勤すること)が必要で、もし達成できなければ罰金が設定されていたりと、ホステスにはそれぞれ一定のノルマが課せられることが多いようです。
そのため、ほとんどのホステスが来店してもらったお客がまた来てくれるように営業電話やメールは毎日行います。
基本的にお客を呼ぶ力のないホステスは、自然と辞めざるを得ないシステムになっています。

ホステスは体力勝負の一面も

男性だけがお酒を飲み女性がシラフでは場がしらけてしまいます。
お客を楽しませるためにもお酒を飲む必要があり、体力的にも強くないと厳しい職業といえます。

ホステスのなり方・仕事のつき方

求人広告を見て応募する

採用

ホステス

ホステスになるには

水商売は働いている女性の離職率が高く、人の回転の速い業界です。
そのため求人数は多く、本人のやる気次第で働くだけなら難しくはありません。

夜のお店専門の求人誌、WEBサイトなどで常に募集されています。
ただ、容姿はある程度のレベルでないと採用は厳しくなるようです。

高級クラブはかなりの難関

東京の銀座や大阪の北新地にあるような高級クラブと呼ばれるクラブで働く事はかなりの難関。
高級クラブで働くには容姿端麗、接客上手、社会人としての常識の3つを兼ね揃えておかなければ採用されないとか。
採用の際には厳しい面接が行われ、面接100人に対して1人の割合でしか採用に至らない高級クラブもあります。

高級クラブでは、一見さんお断りの紹介制をとっているところが多く、イスに座るだけで1人あたり5万円程度は必要で、一般人には異次元の世界で営業が行われています。

基本的にホステスの募集には学歴などの要件は求められません。
そのため、なりやすい進学先などはなく、女性としての容姿や人を楽しませられる会話術を磨いておくと良いでしょう。

ホステスの年収・収入・給料は?

収入状況について

ホステスの収入状況は良好。
アルバイトの場合の時給ベースでみても、普通のお仕事とは比較にならないほどの給料です。
時給2000円~3000円位は珍しくなく、高級店では時給5000円やそれ以上の給料になることもあります。

ただ、収入が良い反面、必要経費もそれなりに必要です。

・営業電話用の携帯代
・美容院代、ネイルアートやエステなど
・衣装代(ドレスや着物など)

水商売の例にもれず、売り上げ、指名の数によって収入は増減しますが、有名店のナンバーワンクラスであれば年収数千万円も珍しくありません。

北新地や銀座の高級クラブでは、時給で1万円以上稼ぐ人も。
仕事内容は大変なものですが、高収入が十分に期待できる職業です。

職業体験談

職業ガイドでは皆さんの「職業体験談」コンテンツの投稿を募集しています。
就職活動に悩む学生や将来の就転職に悩む人達、夢を探している最中の子供達に対し、たくさんの職業を紹介することによって、人生にはいろいろな選択肢があることを知って貰い、当サイトの情報がより良い進路選択の手助けになれれば、との思いから運営を行っています。

たくさんの方々のご協力によって、このサイトは製作されています。
みなさまのご協力に感謝いたします。

-更新12-12-01 -チェック17-02-01