このエントリーをはてなブックマークに追加

職業ガイド公務員系職業か行の職業>警察官

警察官

なるには難易度 警察官になるには公務員採用試験に合格する必要がある。
公務員試験は基本的に難易度の高い試験だが、警察官採用試験は他の公務員試験に比べると若干容易に設定されている。
年齢制限 おおむね30歳未満の制限があるが、都道府県によってはそれ以上の年齢でも受験が可能なところもある。
学歴 特に必要とはされない。
収入状況 警察官の平均年収は700万円~800万円程度。
このエントリーをはてなブックマークに追加

職業データ

警察官とは

警察官とは国や地域の治安を守り、人々の暮らしの安全を支えるために治安維持を目的として職務を遂行する公務員です。

◇首都の警察組織であるため、東京都の警察は特別に警視庁と呼ばれています。

◇体力が必要な職業柄、警察官は男性の割合が高くなっていますが、近年は女性警察官も増加しています。

◇殉職した場合は2階級特進になります。(業務中に死亡するとその時点の階級から2階級あがる。これにより名誉がえられたり、遺族に対する様々な補償の金額が増える。)

警察官の職業体験談

警察官の仕事内容

仕事内容について

警察官は国や地域の治安を維持するために、実に幅広い業務を行っています。
警察官の係は400以上存在し、多彩な分野のスペシャリストがそれぞれ協力し合い、日々の業務を行っています。

【地域警察】
線 一般の人にとって最も身近な存在の警察官。
交番に勤務し、パトロールを行い地域の安全と治安を守ります。
警察学校を卒業後に最初に配属される事が多い。
地道な活動を通じて警察官としての基礎力が養成されます。
線

【交通警察】
線 違法運転者の取り締まりを行ったり、交通ルールの指導などを行います。
安心して道路を行き来できる交通社会の実現を目指します。
線

【刑事警察】
線
事件が発生した際に現場検証をしたり、目撃者などから聞き込み調査を行い事件解決のための捜査を行います。
「知能犯」や「強盗」など発生した事件の種類によって担当するセクションが分けられています。
線

その他にも警備警察(SPとして要人警備、皇族の警備など)や生活安全警察(薬物対策や悪徳商法の捜査など)など多種多様な職務があります。
どの職務に就くにしても、国民が安全で安心して生活できる環境の維持・継続のための仕事を行います。

警察官の勤務状況

警察官には主に3つの勤務形態があります。
週休二日制が採用され、一週間の勤務時間は38時間45分。

-通常勤務-
月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分までの勤務

-毎日制勤務-
日曜日から土曜日までのうちの5日間で午前8時30分から午後5時15分までの勤務

-交代制勤務-
当番、非番、日勤をサイクルとする3交代制勤務
*当番勤務とは午前8時30分から翌日の午前8時30分までの勤務。休憩は8時間。

警察官のなり方・仕事のつき方

なり方1
(一般の警察官)

各都道府県が独自に行う警察官採用試験を受験
(地方公務員・各都道府県警に採用となる)
矢印
合格
矢印
警察官

なり方2
(幹部候補の警察官)

国家公務員試験採用総合職試験・一般職試験を受験
(国家公務員・警察庁に採用となる)
矢印
合格
矢印
警察官

警察官になるには

警察官になるには主に2つのルートがあります。
1.各都道府県が独自に行う警察官採用試験を受験し、警察官になるルート。
2.国家公務員試験である国家公務員試験採用総合職試験・一般職試験を受験し、警察官になるルート。

警察官のなり方1(一般の警察官)

1のルートの説明ですが、普段、町でふれあう機会の多い警察官はほとんどがこのルート経由。
つまり、一般の都道府県採用の警察官です。

各都道府県が独自に行う警察官採用試験を受験し、試験に合格すれば警察官になることができます。
受験資格など試験の要件は各都道府県によって異なりますが、おおむね30歳程度の年齢制限が設定されています。
職務遂行には体力が必要になってくるため、身長や体重、視力に制限がありますが、それほど厳しい制限ではないため、ほとんどの人には問題ありません。

採用は、大学卒業レベルと高校卒業レベルの2つに分けられ募集が行われています。

【大阪府警の場合】
◇警察官A(大学卒業または見込みの者、大学卒業者と同等の資格があると認められる者)
◇警察官B(その他)

【警視庁の場合】
◇1類(大学卒業または見込みの者、大学卒業程度の学力を有する者)
◇2類(短期大学卒業または見込み者、短期大学卒業程度の学力を有する者)
◇3類(高校卒業または卒業見込みの者、高校卒業程度の学力を有する者)

警察官採用試験は他の公務員試験に比べると、比較的容易なので採用はされやすい。
(簡単に合格できるわけではなく、あくまで他の公務員試験と比べての話)。

警察官のなり方2(幹部候補・国家公務員試験経由)

そして、2つめの警察官になるルートですが、こちらは国が実施する国家公務員試験採用総合職試験・一般職試験を受験し、合格すれば警察官になることができます。
国家公務員試験からの採用は警察庁の採用となり、警察の幹部候補として活躍します。

警察官の採用には地方公務員採用と国家公務員採用の2種類がありますが、出世していくのは国家公務員採用の警察官。
警察組織の幹部ポストに就いている人は、国家公務員採用総合職試験(旧国家Ⅰ種試験)の人がほとんど。
歴代の警察庁長官(警察のトップ)はほぼ全ての人が東京大学出身です。
※その他では京都大学・東北大学が各ひとりづつ。
警察庁長官を目指すなら、東京大学など名門校に進学し、総合職試験の合格を目指そう。

受験資格

【受験資格(警視庁の場合)】
----------------------------------------------------------------------
-1類(大学卒業程度)-
・30歳未満で大学を卒業又は、翌年の3月までに卒業見込みの者。
・21歳以上30歳未満で大学卒業程度の学力を有する人。

-2類(短大卒業程度)-
・30歳未満で短期大学を卒業又は、翌年の3月までに卒業見込みの者
・19歳以上30歳未満で短期大学卒業程度の学力を有する人

-3類(高校卒業程度)-
・30歳未満で高校を卒業又は、翌年の3月までに卒業見込みの者
・17歳以上30歳未満で高校卒業程度の学力を有する人
----------------------------------------------------------------------

【身体要件】
----------------------------------------------------------------------
-身長-
・男子はおおむね160cm以上
・女子はおおむね154cm以上であること

-体重-
・男子は48㎏以上
・女子は45㎏以上

-視力-
裸眼視力が両眼とも0.6以上であること。ただしこれに満たない場合は、裸眼視力がおおむね各0.1以上であって、矯正視力が各1.0以上であること。

その他、色覚、聴力、疾患、その他の運動機能については警察官としての職務の執行に支障がないこと。
----------------------------------------------------------------------

【関連リンク】 大阪府警 警視庁

警察官として採用後は

警察官として採用された後は警察学校で6ヶ月(大卒相当)or10ヶ月(高卒相当)の研修があります。
卒業後は、各警察署に配置され、実際に勤務しながら研修を行います。
その後は本人の希望や能力、適正などが考慮され、様々な分野の仕事に就きます。

警察官の年収・収入・給料は?

収入について

年齢 平均給与 諸手当 月額給与 賞与 年収
平成26年 38.8歳 32万1974円 14万1386円 46万3360円 183万272円 739万592円
平成25年 39.0歳 32万810円 14万939円 46万1749円 164万3826円 718万4814円
平成24年 39.3歳 32万2203円 14万658円 46万2861円 164万7785円 720万2117円
平成23年 39.4歳 32万4966円 15万2745円 47万7711円 188万6958円 761万9490円
平成22年 39.7歳 32万5926円 14万3157円 46万9083円 185万2878円 748万1874円
平成21年 40.0歳 33万43円 14万4541円 47万4584円 196万9524円 766万4532円
平成20年 40.3歳 33万8245円 14万5308円 48万3553円 217万5989円 797万8625円
平成19年 40.7歳 34万4824円 14万8223円 49万3047円 221万8712円 813万5276円

警察官の給与は、他の地方公務員に比べて10%程度高めに設定されています。
夜勤もあり、勤務時間も不規則、危険な犯罪者を相手にするわけですから、それらを考慮すると給与の設定が高いのもうなずけます。

初任給は目安として、大卒約24万円、短大卒約22万円、高卒約20万円(東京都の場合)。
警察官の平均年収は700万円~800万円程度。

職業体験談

職業ガイドでは皆さんの「職業体験談」コンテンツの投稿を募集しています。
就職活動に悩む学生や将来の就転職に悩む人達、夢を探している最中の子供達に対し、たくさんの職業を紹介することによって、人生にはいろいろな選択肢があることを知って貰い、当サイトの情報がより良い進路選択の手助けになれれば、との思いから運営を行っています。

たくさんの方々のご協力によって、このサイトは製作されています。
みなさまのご協力に感謝いたします。

-更新13-03-01 -チェック16-02-01